しばりすで藻消しをします - カスタムメイド3D2 -

    img20160503014607.png

    カスタムメイド3D2を始め、MODがある3D作品の真骨頂とも言えるのが藻消し。
    藻消しとはモザ・・・ちょっと怖いので説明を省きます。
    この藻消しをしばりすで行うので、バニラを汚さずバックアップを取る必要もありません。 ⇒ しばりすとは?



    0.【藻消しファイルをダウンロード】


    まずは下の2つのファイルをダウンロードします。
    Female_Uncensor-Menelol_(R4)
    Soft-Demosaic (CM3D2.NoMosaic_1.1.0.7)


    左はMEGAと言うアプリでダウンロードですが、
    ブラウザで十分なので右の「through your browser」を押しダウンロードを開始します。

    654472.png

    ダウンロードが終わったら解凍をします。パスワードはそれぞれ
    Female_Uncensor-Menelol_(R4)が
    「4HF」

    CM3D2.NoMosaic_1.1.0.7 が
    「byreisen」

    となっています。カッコは含まれません。
    ※パスワード入力欄が出なかったり、中身ファイルがスカスカな時はlhaplus7-zipにて解凍を行ってください。

    適当ツールまとめ
    manTNP
    こちら2つもダウンロードし、同様に解凍します。




    1.【テクスチャをカスタムメイド3D2用に変換】


    「[CM3D2]適当ツールまとめ」フォルダを開いて画面上に見えるように表示させておきます。

    「CM3D2_Female_Uncensor-Menelol_(R4)」の「Girl Uncensor/UnityInjector/config」 まで進み、
    右上の検索ボックスに「png」と打ち込んでください。

    pngファイルが全て表示されるので、中身ファイルを一度だけクリックしてから
    「Ctrl」+「A」キーで全て選択し「[CM3D2]適当ツールまとめ」フォルダの
    「[CM3D2]tex←→png変換.exe」へとドラッグ&ドロップします。 ※ファイル数72個の確認もしてください。


    578873.png

    「~~.pngのテクスチャパスを入力してください」と表示されますが、
    特に気にせずそのまま「OK」を押すことで一つずつ変換がされていきます。
    毎回クリックは面倒なのでエンターキー押しっぱなしですぐ終わらせちゃいましょう。




    2.【後はフォルダに入れるだけ】


    フォルダの検索画面から「戻る」ボタンで1つ前に戻り、「Textures」フォルダをしばりすの「GameData」内へ入れます。
    フォルダ名が「Textures」のままだと、後々何のフォルダか分からなくなりますので、
    分かりやすい名前に変えておくことをオススメします。画像(下)では「Textures(もけし)」と変更。

    「cm3d2_d_24」の「manTNP」フォルダも同様にしばりすの「GameData」内へ入れます。
    21558.png


    もう一つのファイルは別の場所。
    「CM3D2.NoMosaic_1.1.0.7/UnityInjector」の、中身
    『CM3D2.NoMosaic.Plugin.dll』を
    「C:/KISS/CM3D2/Sybaris/Plugins/UnityInjector」内へ入れてください。

    320144.png

    これで終わりです。ゲームを起動して何かが別の見え方になっていたら成功となります。



    藻消し対象の切り替えが出来るYASD.Pluginの導入方法記事を新たに作りました。
    こちらの藻消しが終わっている人向けです。
    藻消しの対象を選べるYASD.pluginの導入と設定方法



    導入がうまくいかない人は以下の事を試してみてください。


    展開、梱包が出来るようになるツール紹介 - CM3D2 -

    21926.jpg

    MODを入れるだけじゃ物足りない、細かな改造をしたい!と言う方は
    バニラの展開、梱包の作業が必要になってきます。

    例えば、セリフを変えたいとか、png画像をサンプルとして見てMOD製作をしたいとか、
    表現方法を変えたい、何かを修正したい等々。
    しばりすを導入していればバニラを汚さずに済むので、改造もとっつきやすいと思います。



    使用するツールは「CM3D2 TooL」「適当ツールまとめ」の2つです。

    「CM3D2 TooL」が
    「.arc」「.tex」

    「適当ツールまとめ」が
    「.menu」「.mate」「.model」

    の拡張子を担当し、「.txt」「.png」等、最終的にそれぞれ編集出来る形に変換します。



    ではダウンロードから始めていきます。

    適当ツールまとめ ※「CM3D2 TooL」の修正ファイルも入っています

    CM3D2 Tool
    CM3D2Tool V1.0.1.6 (直リンク/hongfireのサーバーが落ちている時用)

    解凍パスワードはダウンロードのすぐ下に書かれています。
    海外のサイトですが危険な所は特にないです。

    15551.png
    33215.png
    左はMEGAと言うアプリを使ってダウンロード。
    ブラウザでダウンロードすればいいので右の「through your brouwser」をクリック。


    解凍をし、それぞれフォルダを開きます。
    解凍がうまくいかない場合は解凍ソフトを変えましょう。(当方Alzipと言うソフトではパスワード入力欄が出ませんでした。)

    「cm3d2_d_84」⇒「[CM3D2]適当ツールまとめ 151220」⇒「CM3D2Tool bat 修正」と進み中身を
    「CM3D2TooL」内へ上書きし、修正ファイルを適用します。
    これで使用可能になります。

    33391.png



    試しにバニラの「menu.arc」辺りを展開してみましょう。
    展開と言っても作り変える訳ではなく、フォルダを作って中身を新たに生成するだけなので
    バニラに影響はありません。

    ダブルクリックで「CM3D2Tool GUI.exe」を起動し、ファイルを選択します。
    「C:」⇒「KISS」⇒「CM3D2」⇒「GameData」⇒「menu.arc」/『開く』
    またはファイルを直接「CM3D2Tool GUI.exe」の上にドロップすることでも可能です。

    コマンドプロンプトが表示され、自動的に展開が始まります。
    全て終わると「何かキーを」と言うことなので指示通り押しましょう。
    作業が完了します。
    62346.png


    同フォルダに「menu.arc」が展開されたフォルダが生成されています。36977.png

    中身は拡張子「.menu」のファイル群なので、
    「適当ツールまとめ」の「[CM3D2]menu←→txt変換.exe」にて同じ手順で変換出来ます。
    色々ファイルを覗いてみると楽しいかもしれません。

    改造したファイルは同一名ファイルにして、しばりすの「GameData」内に置くことで読み込んでくれます。
    フォルダの階層も気にしないでOKです。
    配布している「カテゴリがありません。def」修正ファイルは「.menu」ファイルなので参考にしてみて下さい。

    尚、しばりすが読み込めるのは「.tex」「.menu」等の「.arc」を展開したファイルまでで
    「.png」「.txt」等は読み込めないのでご注意を。

    以上で展開、梱包ツール「CM3D2 TooL」「適当ツールまとめ」の紹介を終わります。
    良き改造ライフを。

    スポンサーリンク
    最新記事
    バージョンアップ・記事更新情報
    人気ページランキング
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    カレンダー
    02 | 2016/02 | 03
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 - - - - -
    最新コメント
    検索フォーム
    pickup
    RSSリンクの表示
    プロフィール

    もち

    Author:もち
    カスタムメイド3D2のMOD・プリセット配布や導入方法等を紹介しています。
    Twitter @motimoti3d
    メール motimoti3d@ダミーテキストyahoo.co.jp

    リンク